THE TIME YOU ENJOY WASTING IS NOT WASTED TIME

テキサス州オースティン在住の単身赴任者。カフェいかなーい。おしゃれな料理つくれなーい。これぞ男道!

English ←Translate this blog into English by Google



『アメリカ南部料理』GumboとPo Boy

テキサスに戻ってきて最初の日曜日。

アメリカっぽいものが食べたくなったので、ケイジャン料理店にガンボとPo boyを食べに行ってきました。

f:id:ATX_Domain:20220110115244j:plain

Maxine's Gumbo Houseというケイジャン料理のレストランです

ガンボというのはアメリカ南部(ルイジアナ州やテキサス州南東部など)で定番のとろみのあるスープ料理です。

雰囲気はシチューですが、香辛料が効いておりピリッとした刺激があります。料理のジャンルでいうとケイジャン料理とかクレオール料理になります。決して、繊細な味、高級な味ではないですが、いかにも異国の家庭料理的な感じがして、私は好きです。

具材は、何を入れてもいいんだと思います。この店では、シーフードガンボとチキン&ソーセージガンボの2種類がありました。私はチキン&ソーセージのカップサイズを注文しました。以前別のお店で食べた時はライスは入ってなかったですが、この店ではライスが入ってました。

f:id:ATX_Domain:20220110115240j:plain

チキンとソーセージのガンボ。$5です。スプーンが汚いのはご愛嬌。

Po Boy(ポーボーイ)とは、シーフード(特にエビ)のサンドイッチのことです。貧しい労働者(poor boy)のために、レストランの残り物で、まかない用のサンドイッチを作ったのが起源らしいです。

これもルイジアナ州で古くからある料理のようです。私はテキサス以外住んだことないので、他州でどの程度Po Boyが一般的なサンドイッチなのかわからないのですが、このあたりではよくPo Boyを見かけます。どこで食べても美味しいです。

今回はPo BoyのSurf&Turfを注文しました。Surf&Turfもレストランでよく見かける単語です。魚介系(特にエビとかロブスター)と肉系の両方を一皿に入れる、という意味です。surfはサーフィンのsurfで波のこと。turfは芝生のことです。芝生が牧草をイメージさせたそうです。この店のSurf&Turfでは、エビとローストビーフが入ってました。

f:id:ATX_Domain:20220110115242j:plain

Po Boy、$11.5です。

サンドイッチといっても、手に持ってかぶりつくのは不可能です。そもそも挟み込む(sandwich)という形態をもはや保てていないですから。ナイフとフォークで崩しながら食べていきました。

欲張って、Surf&Turfにしましたが、エビだけ、あるいはローストビーフだけ、の方が良かったような気もします。エビとローストビーフの交互食べは、そこまで相性良いような気がしませんでした。それぞれ味は良かったですけどね。

f:id:ATX_Domain:20220110115233j:plain

店内の雰囲気。写っていないところで、私以外に2組いました。

そういえば日本語で、Surf&Turfに相当する言葉って、あるんですかね?

似たようなので「海の幸、山の幸」ってありますが、山の幸に肉類は含まないですよね。日本では「ミックス○○」とつけば、Surf&Turfのことを指すのかな。ミックスフライ定食といえば、エビフライとヒレカツがセットになってるイメージですもんね。

ケイジャン料理ではザリガニを使った料理が有名です。2月ごろからがザリガニの旬になります。去年別のところで、ザリガニを食べてすごく好きになりました。また近いうちにザリガニを食べに行こうと思います。

 

ではではー

 

去年ザリガニを食べたお話はこちら

atx-domain.com